2019年1月13日

CHARAの名前のひみつ……わたしの(ボクの)好きな先生

暦のうえでは昨年末。2週間ほど前のこと。ちょっと前のこと。

12月29日の「RADIO DONUTS」のゲストに、ミュージシャンのCHARAが登場していました。

そのとき聞いた「チャラ」という名前の由来がとても素敵だった。

じつは、9歳のとき、代用教員のヨシコ先生がつけてくれた愛称なのだそう(もともとは「シャラッと」から来てるそう)。

たとえば泣いてた子が、次に一生懸命やるさまが、その先生にはたぶん「この子、気持ちが切り替わるのが上手だな」と映り、彼女につけてくれたのだそう。

ふつう日本語の響きからすると、「チャラチャラしてる」という意味に思われがちな、この名前。

昔、「笑っていいとも」(フジテレビ)に出たときにも、タモリさんに「チャラってのは、そこから来てるの?」と聞かれ、めんどうくさいから「まぁ、そんな感じです」と答えていたら……。

番組を見たヨシコ先生から「違う!」と、「全然違う。むしろ真逆の意味だよ」と、丁寧なお手紙をいただいたのだそう。

なんて素敵な先生なんだ。

サラリーマン生活をしながら、プロ棋士への道を切り拓いた瀬川晶司さんの自伝、『泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ(講談社文庫、2010)に出てくる、小学校時代の恩師、苅間澤大子(かりまさわ・ひろこ)先生のよう。

こちらのエピソードも素敵なので、よろしかったら「もくれん本棚」のこのページにとんでみてくださいね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年12月29日

七味五悦三会(美味しかったもの・楽しかったこと・出会った人)

鴻上尚史さんが、『週刊 SPA!』で連載されている「ドン・キホーテのピアス」。

ほぼ毎週、楽しみに読んでいるのですが、鴻上さんが毎年12月になると取り上げているのが、「七味五悦三会(ひちみ・ごえつ・さんえ)」のお話。

「七味五悦三会」とは、「美味しい七つの食べもの」「五つの喜び」「三人の出会い」という意味で、鴻上さんが杉浦日向子さんから教えてもらった江戸の風習のことだそうです。

江戸時代の人たちは、除夜の鐘を聞きながら、この一年で経験した「七味五悦三会」を話し合い、美味しい七つの食べもの、五つの楽しかったこと、新しく出会えた三人の人……このすべてがあると「今年はいい年だったね」と喜びあったといいます。

雑誌の連載では毎年、鴻上さんにとっての「七味五悦三会」が綴られていて、自分でもまたこの一年、どんなことがあったか、どんな人や美味しいものに出会ったかを振り返るのが楽しみにもなっています。

年の始めにこのページをブログに引っ越して、「思いたったとき、小気味よく発信していきたいと、やる気満々でいます」と書いていましたが(どの面下げて……)。

まるで雪原のように続く真っ白なページ。

私の日常が真っ白だったわけではないのですけども。むしろ、かなり面白いことがいくつも起きていたのですが、ネット上でダダ漏れにするのも……ね? 大人になったら秘密が増えるというものです。ふふ。

新しく経験した話はどなたかのお役に立てることもあるかもしれないので、またどこかふさわしい形でお届けできればと思っています。

そして、そうした話は、私以外の人にも起きてることだと味わい深く感じる一年でもありました。

この一年も、お越しいただきました方がいらっしゃいましたら、ほんとうにようこそ。ありがとうございました。

ら・ら・来年もよろしければ、遊びににいらしてください。
どうぞよいお年をお迎えください。

2018年12月17日

元素の周期表ポストカード・増刷が出来ました

元素の周期表ポストカード。2012年の初版から2017年の改訂版*を経て、このたび、おかげさまでトータルで7刷り目となりました。
(*日本で発見された「ニホニウム」を含め、新しく発見された元素が6つ加わりました)

国立科学博物館のミュージアムショップ(店頭販売)
海猫屋
仮説社
でも、お取り扱いいただいてます。

自分の手に負える範囲での宣伝しか出来ていないのですが、大きな宣伝もないまま、地味ながらも7刷り目。

この3つのショップに日本の科学好きの方たちが集まっている! と言っても過言ではないでしょう。

よいお店にお取り扱いいただけて、科学好きのお客さまとの出会いを作っていただいていて、感謝しています。

元素についての基礎的なデータを眺めたいときのサッと取り出せる早見表として、ちょっと変わったおたよりやプレゼント、インテリアとして、よろしかったら、どうぞお手元に。

よろしくお願いいたします。

2018年3月16日

鴻上尚史さんと、ハンバート ハンバートと、春のラジオ

ニッポン放送の「オールナイトニッポン」が50周年を記念して、「オールナイトニッポンPremium」をオンエア中。

過去にオールナイトニッポンをレギュラーで担当していた人気パーソナリティが、真夜中ではなく、平日の午後7時から8時50分まで、 期間限定で復活という企画。敬愛する鴻上尚史さんが火曜日の放送を担当中(鴻上さんの放送は3月20日を残すのみ)。

久しぶりに聴くラジオの鴻上さんは、年齢を重ね、落ち着いたトークを展開するのかと思いきや、気持ち良く(それ以上に)くつがえされました。 かなり早口。高速回転で、テンション高い!(ピストン西沢さん?)

トトトトトと繰り出される軽快なトークも変わらず可笑しいのですが、鴻上さんの選曲がまた、いいです。鴻上さんが演出した芝居で流れる曲が昔から好きでした。

3月13日の放送では最後に、ハンバート ハンバートの「おなじ話」という曲が流れました。2005年に発表された曲のようです。

この詩は、聴く人によって、いろんな受け取り方がされているようです。

想像がはいりこむ隙のない、その言葉通りの、まるで額面通りのストレートな歌詞が近ごろ増えているなぁと感じていたので、この歌の完結していない世界に感動してしまった。

だから、何度でも聴いてしまう。答えを見つけようとするみたいに。そして聴くたび、感じ方が変わっていく。大切な人と過ごす(過ごした)日常の時間が浮かんで、胸がつまるような気持ちになることも。

この歌(世界)をつくったお二人(ご夫婦のようです)にも感動しました。この歌を聴くことができてよかったです。

鴻上さんは真夜中のラジオでいつも、「いい夢を見るんだよ」と番組を終わっていました。真夜中に聴く、この響きも好きでした。「オールナイトニッポンPremium」が終わるのは、まだ夜の9時前。眠るにはちょっと早い時間ですが、変わらずその言葉で番組の幕を引いてくれて、これまたグッときました。

自分で立ち続けて、走り続けて、ちっとも重たくなっていない鴻上さんを確認した春先の夜。

radiko だとタイムフリー機能を使って、リアルタイム外でも聴くこともできます〕

2018年2月21日

冬のアスリートとロッカー

このところ立て続けに、ミュージシャン・浅井健一さんの声をラジオで聴くことができて、幸運。

浅井さんはいつも余計なこと・適当なことは語らない。格好つけたりもしない。そこが(そこも)とてもチャーミング。

2月17日の朝、ラジオ・ドーナツJ-WAVE )で、番組の最後、ナビゲーターの渡辺祐さんに「これからどういうミュージシャンでいたいですか?」と問われた浅井さん。

突然の質問に、う〜ん。と、一呼吸置いて……。
「どういうふうにありたいだとかは、考えたことないですね。なんか。すごい いい曲を作りたい。それですね。で、すごい いいライブをやりたいっていう、それだけかもしれないですね」

シンプルで美しい言葉に感動してしまった。

冬のオリンピックで、スノーボード男子ハーフパイプに出場していた平野歩夢(あゆむ)さんも、よけいなこと・適当なことを話さない自然な受け答えが、滑りとともに魅力的。4年前のソチオリンピックで初めて見たときから、ファンになりました。

2月14日、決勝の日。改心の演技を終えたあと、たいていのスノーボーダーは力強くガッツポーズしているなか、平野さんは片手をあげてパフパフ、手袋が動いている。その力みのなさ、憧れます。

2月17日、フィギュアスケート男子の羽生結弦さんはフリーの演技を終えたあと、シャウトしていてロッカーのようでした。

お三方とも、冬の空気のように綺麗。

2018年1月23日

いいなと思ったときは届けよう

先月、嬉しいメールが届きました。

昨年、『たのしい授業』2017年3月号仮説社で、私の書いたおすすめの写真集の紹介文が掲載されたのですが。そのとき編集部宛に届いた感想を編集者の方が送ってきてくださったのです。
(そのとき掲載された原稿は、もくれん本棚こちらに再録しています)

編集の方から原稿の掲載の連絡をいただいたときは、嬉しかったです。
同時に、自分ではこの本のことをよくわかっているけれど、この本を知らない人に伝わる文章になっているのかな? 人に読んでもらう文章を書くのってむずかしいなと改めて感じる機会にもなりました。

ところが、素敵な感想をたくさんいただいて、「この本を読んでみたい」と思ってくださった方や、何か感じてくださった方がいらっしゃったことがわかって、よかった~~~。と、スコーンと晴れ晴れした気持ちになりました。

「まるでその写真集のページをめくって読んで(見て)いるようでした」「写真を見ていないのに,その様子がありありと浮かんできて、とても不思議な気持ちになりました」と書いてくださった方も。

原稿が掲載されたのが3月。メールをいただいたのが仕事納めも間近な12月下旬のこと。思いがけないプレゼントをいただいたような気持ちになりました。

人に喜ばれるものを作りたいと毎日思って仕事していますが、またその気持ちをしっかり持ちました。

もし、こんなふうに反応してくださった方がいたことを知らないまま過ごしていたら……知ると知らないでは景色が大違いと思いました。

いいと思ったことは人に伝えよう(そうしてきているつもりだけど)と、くっきり感じた出来事でした。

2018年1月16日

windows もいいじゃないか

パソコンに向かっているときの目の疲れ、首・肩・腕のコリ。
先月から、劇的に少なくなりました。

この変化をもたらしてくれたのは、ジャカジャカジャカ……
マウスです。マウスをチェンジしたのです。

イラストを描くときいつも使っている、ペンタブレット。
イラスト以外でもパソコンを使うときは、そのままペンタブレットを使ってました。

しかし、ちょっとした腕の高さ(位置)の関係で力が入るのか、首・肩・腕がコリやすいと日ごとに気になっていたんです。キッチンタイマーをセットして、10分ごとに立ち上がるようにしているにもかかわらず、です。

ところが先月、夫に「windowsのマウス、いいよ。だまされたと思って使ってごらん」と勧められ、使っていなかったものを差し出してくれたので、ひょいと使い始めました。

イラストの作業以外で使い始めると……その場でクルクル画面を移動できるスクロールホイールが軽やかで、まことに快適。
ペンを持って、スクロールバーをつまんで画面を上下させるのが、じつはけっこう力が入っていたと実感。目の疲れとコリが激減したのです。

Macの光学式マウスはコードレスでスッキリ、デザインよしですが、中に乾電池が入っているぶん、重たい。今までは、デザインのよさで気にならなかったけれど、コードがあっても、マウスは軽い方がいいですね。身体がどんどん正直になってきています。
調べてみると、今は乾電池ではなく、充電式のものもあるみたいですね(私のMac情報は何年か前で止まっていました)。でも、電池の消耗を気にせず使えるコードタイプもいいものだと思います。

Mac以外のパソコンを使いたいと思ったことは未だかつてないのですが。気になるところがないデザインというのは生活を楽しくしてくれるものだと日々感じていますが。
人間工学的にはやさしくないと常々思っていたので、あぁ。泥舟に救いの手が差し伸べられたよう。これで寿命が少し延びたと思います。